≪ 2009 12   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - -  2010 02 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


miyu-p608.jpg
「またまたお久しぶりでし~☆」


ボチボチ更新といったものの、皆さんのところもコメント残さずポチ逃げばかりしております

バタバタしてるのも年末に比べれば少なくなっているのですが、疲れがなかなか取れなくて風邪のひきはじめの症状なんかも出たりして、体のあちこちが痛かったり(←それは単なる老化現象?!)するもんですので、休めるときはできる限り休むようにしております
とはいいつつ、楽器の仕事が月一程度で入ってくる時期なので、1日ゆっくりと過ごすという時間はあまりないんですけどね・・・(ありがたいことなんですが・苦笑)。のんびりしたいです(--;)




*******

ブログ更新が途切れてたのには他にも理由がありまして・・・・。


ニャンズのトイレはすのこタイプのシステムトイレなのですが、年末年始にかけてシートの交換頻度が多くなっておりました。
使っているのは1人用で約1週間もつタイプのものなのですが、2人なので1週間に2回交換しております。が、年末ぐらいから2日ぐらいでリズさんが外でホリホリ攻撃(うんにょのみ。ただしこれは留守番が長くて不機嫌な時にもされます・苦笑)をするようになってまして・・・。確かに尿量が多いなぁ~とは思って気になっていたのですが、さすがにこう続くと心配になったので18日に2人とも病院に連れて行きました(おちっこ採取はできなかったのですが)。

尿量は多いものの、血尿や血便はまったくなかったので、ストレスが原因かな?とか思いつつも、膀胱のエコーと血液検査をしてもらいました。


リズちゃんに関してはエコーでは特に何も見当たらず、血液検査も前回とあまり変化なし(若干腎・肝臓の数値はさがってました

みゆたんは膀胱でキラキラ光るものが見えるので(結晶かも?)2日間お薬を飲んでからもう一度検査しましょう、ということになりました。血液検査は特に異常がなかったので軽い膀胱炎かもしれない・・・とのことでした。

「ストレスで尿量が多くなることがありますので~」とのことなので、年末年始と家のことでバタバタしっぱなしだったのが一番の原因だな・・・

あと獣医さんが「尿量が多いのはもしかしてみゆちゃんだけ、ということはないですか??」といわれたのですが・・・。たしかに年末は2人とも多かったけど、ここ数日はみゆたんだけかもしれない・・・とちょっと自信がなくなったので、帰ってからしっかりと確認することにしました。



3日後(←仕事の都合で1日ずれた)、みゆたんだけを連れて病院へ
前日は夜中に帰ってきたので、朝におちっこが採れるかなぁ??と思ったのですが、その間はおちっこをせず(涙)予約しているので採れてないまま再診。
やはりまだキラキラのブツが見えるのであと1週間ほど薬を続けてみましょう、とのことで薬をもらって帰宅しました。おちっこは採れたら持ってきてください、と。


帰宅後、昼ごはんを食べてから確認してみると・・・・・・みゆたん排尿~
朝にしてくれたらよかったのに~~(T▲T)と思いつつも、いつしても採れるようにみゆたんがする側だけシートを取っておいたのでさっそく採取して病院へレッツラゴーしました(ホンマは時間外だったのですが、夕方から仕事だったので無理をいって受け取ってもらいました)


お薬は1日2回

kusuri-p1.jpg
(1コは皮膚の炎症を抑える薬です。舐めてかさぶたが出来てたので・・・)


結構大きな錠剤なのですが、ご飯に混ぜても食べてくれないので直接ゴックンしてもらうことに


miyu-p610.jpg
「捕まったでし・・・

かあちゃんの足で固定して、お口を開けてゴックンしていただきました(=w=)



ちゃんと飲めたらおやつをあげます

oyatu-p1.jpg
「今日は白身魚でしか?






miyu-p611.jpg
「おやつのためならえんやこら~~


何度も続けてるとおやつの音で釣れなくなるんじゃないか?と思ったのですが、頑張ってお薬を飲んでいます(^ー^)

実はやればできる子なみゆたんです(リズちゃんもがんばって飲む子です


*******


尿検査の結果を聞きに今日かあちゃん単体で行ってきました

結果:タンパクの数値が少し高いので、軽い膀胱炎で間違いないかと。今飲んでる薬を飲み終えたら再度尿検査をして炎症がおさまっているかを確認。まだ炎症が残っているようなら薬を継続しましょう。



膀胱炎の原因はストレスが一番だと思うのですが、ネットで調べてみるとウォーターファウンテンを使っていると雑菌が繁殖する可能性があるとのこと。定期的に掃除はしていますが、少し期間があいてしまったりする時もあるので、気をつけておかないといけないな~と再確認しました。


rizu-p727.jpg
「ストレスは体によくないニャりよ~~


かあちゃんもストレスたまりまくりなので、リズみゆにモフモフさせてもらって癒してもらいま~す(☆ω☆)





ランキングに参加しています。ポチっとしてくれるとありがたいです。
最近のfc2は編集中にすぐにエラーが出るので、記事を1つ書くのに何時間もかかってしまう・・・。どうにかならないもんですかね??(ノω-;)

にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ


スポンサーサイト

rizu-p659.jpg
「今日はみニャさんにお詫びと訂正をするための記事ニャりよ・・・」


前の記事で動物たちの現実を伝える番組のお知らせを載せました。
いつも来てくださってる皆さんも、たまたま覗いて見てくれた方々も、きっと番組を見てくれたと思います。


・・・・ですが、実際には事実の半分も放送されておらず、また捏造ともとれるような編集での放送でした。

私も実際にこれに関わっていたわけではないですし、今日やっと時間がとれて録画していた番組を見たので、えらそうなことはいえないのですが、、、


ここに来ている皆さんには真実を知っていてもらいたい!と思い、事実の記事を転載します。




********



私のネット友達の友達(ミクシィでのマイミクのマイミクさん)の日記です。


↓↓↓


『尻尾のある、天使の涙。。。だったんだろな。。。』

マイミクの、ももこ姐さんが、
今回のことを日記に書いてくださいました。

【以下、転記】
心無い、実のない報道(長文)

この子、小姫ちゃんです。

kohime-p1.jpg

kohime-p2.jpg

kohime-p3.jpg


先日の番組の中でも同じ写真が使われ紹介されていましたが、小姫ちゃんの物語はたったあれだけで済ませるような出来事ではありません。


小姫ちゃんは去年の夏に、チョコはんが保護したガリガリの子猫です。
足を骨折していて、極度の栄養失調で、でもゴロゴロ咽喉を鳴らして甘えてくれる甘えんぼさんで、がんばって治療していましたが、2週間後にけなげな命は力尽きてしまいました。

小姫ちゃんは、ある男に遺棄されたのです。
その男は、短期間に何匹も子猫を貰い受けては、捨てたり人にあげたりしていました。
世話ができずに死なせた子も数しれません。

次々に子猫を集め・・・
けれど、世話ができない。
それどころか猫の習性すら知らない。

わからないならネット仲間に聞けば良いのに「かっこ悪い」と見栄を張って聞けない。
もともと自分の事すらちゃんとできていない生活。
子猫達は部屋中で排泄し、走り回り、ゴミに紛れてうっかり踏み潰されたり、気がつくと死んでいたり。
集めては手に余って遺棄・・・けれど、それもネットでは「かっこ悪い」からと見栄を張ってあれこれごまかして。

チョコはんが、男のブログを偶然見つけた時の日記、よく覚えています。
「これ、小姫だよね?どう見ても小姫だよね?おかしいよ!この猫の出入り!」

当初、チョコはんは、男を虐待・遺棄・里親詐欺として警察に突き出すつもりでした。
もちろん、警察はなかなか動かないのですが、チョコはんは諦めませんでした。
「首を洗って待ってろや!」

そんな時、動物ボラの間に、「NHKが里親詐欺や虐待について取材したいと言っている」と連絡網が回ってきました。
もちろん、私はたまお君のことを紹介しました。

たまお君のことは、犯人は有罪になりましたが、共犯の妻については今なお捜査も何も入らずなおざりにされています。
夫婦で子供の目の前で繰り返すという、まれに見る卑劣さでしたが、NHKの興味は「今現在闘っている案件を希望」とのことでした。
「一部始終をカメラで追って、ドキュメンタリー風にしたい」と。

そこでチョコはんの追っている男のことはまさにタイムリーだと紹介しました。
私のみならず、チョコはんの友人達大勢が、私同様に。。。

チョコはんは、男を公園に呼び出し、子猫を集めては放棄していた事実を告白させ、二度とこんなことを繰り返さないと署名に捺印させ、部屋に乗り込んで猫達を保護し、ケアし、里親探しをしました。

この話を一般の人にすると、「どうしてその男はそんな事するの?」と聞かれました。
でも、猫活動していると、この男のような人間にはたくさん出会います。
この男のような事例は珍しくもなんともなく、こういうことが全国で起こり、ボランティアが日々必死で動いているのです。

おまけに猫のみならず、人間の世話までするはめになる事もしばしば。
チョコはんも、この男のことを見捨てられませんでした。
ブログを見つけた当初と違って、膝を突き合わせて話してみると、男の哀れさ、愚かさがよくわかりました。

「一人でずっと寂しかった。」

寂しくて猫に癒しを求めて・・・
ネットで自慢すると「可愛いですね!」とコメントが付くのが嬉しくて。。。
連れ回したのも、可愛い猫を自慢したかったから。。。

どうしようもないダメダメ人間です。

けれど、憎みあうのも人間ですが、接した相手に同情するというのも人間の性(さが)。
まして人の良い大阪のオカンのチョコはんが、男をそのままにしておれようもなく。

チョコはんは、おっさんの足の踏み場もなかった部屋を掃除し、話を聞き、諭し、励まし、猫の世話の仕方を教えました。
そして、おっさんが特に可愛がっていた猫2匹を改めて育てさせることにし、ちゃんと育てられるようにフォローすることにしました。

番組でちらっとしか映っていませんが、男が肩に乗せていた猫達です。

猫を肩に乗せた時の男の顔は、本当に嬉しそうだったそうです。
そして男は、チョコはんに泣きながら言いました。

「仔猫を集めるのを止めてくれておおきに。」と。


男は、今はチョコはんの励ましで改心し、チョコはんも紹介で、地域の猫のために世話をお手伝いするボランティア見習いをしています。
もちろん、2匹の猫たちも、具合が悪ければちゃんと病院に連れて行くということも学びました。

以上が、チョコはんと小姫ちゃんと男の真実。


これらすべて、NHKのカメラの前で行われました。
これら、すべてが放送される約束で。。。

特に大事なこと・・・虐待は今の日本の世相を現している。男のような事例はたくさんある。安易な譲渡。安易な譲受。どうしたら虐待が無くせるか。。。。

それで人間の愚かさの犠牲になる子が少しでも減れば。。と、
小姫ちゃんの供養になれば、と。。。


ところが、番組制作側の説明では、「前の晩に急に編集が変わって。。。」


冒頭のたまお君のことも同じです。
流された、保護主さんの「良いご家族だと思ったんですけどねえ・・・。」
「許せない、絶対に。。。」
という台詞。
たしかに心からの言葉に違いないけれど、保護主にはもっともっと伝えたかったことがあったはず!

同じ時間を使うなら、どうして「同罪の妻は野放しのまま」だということを流してくれなかったのか。
たまお君は「安易な譲渡」をしたわけではなかったのだけど、
誓約書を取っていても、「詐欺罪」として罰することのできない現実。

「動物虐待は法で罰せられるはずなのに、警察自体が動物虐待を軽く見ていてなかなか動かない」

これが、虐待が繰り返される最大の原因のひとつではないか!
流すという約束で取材したのではないのか?


空しいです。警察も、司法も、マスコミも、動物虐待なんかどうでも良いのが本音なんでしょうね。
私も、護摩ちゃんの時の「探偵ファイル」の取材で経験済みです。
虐待の刑罰が軽すぎる事と、世間無関心、警察も司法も本気で取り組んでくれない事実を訴えたかったのに、無責任餌やリがいて猫が増えるから虐待される猫も増えるのだ、と、的外れな記事を書かれ・・・。

荒川区の条例の時の、先輩ボラさんの取材でも同様でした。
無責任な餌やりと、ボランティアの餌やりは根本的に目的が違うということはまったく放送されませんでした。

「肝心な箇所はカット」

要するに、「真実を報道する」というプロ意識も誇りもなく、流したいものが取材より先にもう出来上がってるんですね。


しかも、先日の番組では、司会者の背後に展示されていたパネルの子達。
「すべて虐待の犠牲になった子達」として紹介されましたが、そこに映っていた可愛いサビちゃんは、虐待から救出され今は幸せになっています。
その隣の小首を傾げた白きじちゃんは、虐待ではなくただの猫風邪で亡くなりました。
無知で病院に連れて行かなかったのです。
どれも、提供者からの説明は無視して、番組的に適当に処理した、という感じ。
捏造と言っても過言ではないのでは?


取材した人の意思ではないんだと思いたいです。
いくら愛護に無知無関心な人でも、あの、たまお君のされた行為を直に聞き、Yさんの働きを目の当たりに見て、(すでにYOU TUBEがNHKにより削除されたので失念しましたが、どこかの犬の劣悪繁殖も・・・酷かったですね。)
心が動かないはずがないと思いたい。
製作上層部の、心無い指示なんだろうと思いたいです。

最後は、熊本市のセンターに残っている子達が処分されるかもしれません~なんて・・・脅迫ですか!?のような終わり方。

ああ、そうだ!本当に前の晩に急に変更になったのなら、
もしかしたら熊本市のセンターの譲渡が決まるように、というも目論見があったのか?

そんな風にさえ思えてしまいました。



私が、あの番組を見てとても「良い番組だった」と思えなかったのがわかっていただけたでしょうか。
良い番組どころか、怒りすら感じたのをわかっていただけたでしょうか。






ありがとうございます。
小姫は、本当に良い仔でした。

kohime-p4.jpg


サリー嬢が大好きで。。。

いつもこうしてくっ付いてました。

仕事が済んで帰るまで。。。
痛いだろうに、自分の事は自分でする。。。
とてもよい子でした。

kohime-p5.jpg

こうして眠っている姿が、ずっと続くと信じていたのに

残念でした。

でも、小姫のおかげでおっさんがわかり

おっさんの事を追いかける事が出来ました。

今思えば。。。

小姫も、お父さんと思っていたのかもしれません。

お父さんは悪くないのよ

お父さんを助けてあげて・・・と・・・

私のもとに来たのかもしれません。。。

おっさんの流した涙と、

ありがとうの言葉は。。。


小姫の涙とメッセージだったのかもしれません。

いえそうだと信じます。


現に今。。

おっさんの元に居る猫は。。。

本当に幸せそう。。。

たとえ、贅沢は出来なくても、

レンズを通して写る、2匹は。。。

今日も輝いてますから。。。


*******


私はこれが放送される前にチラリと聞いていただけで、実際に放送されてからこの大阪のおっさんが改心して、今いる猫たちを大切に育てていること、保護活動のボランティアの手伝いもしていることを知りました。
でも放送されたのは、おっさんが「虐待や遺棄をしている悪人」ということのみ。おっさんが良い方向に歩き出している後日談を全く放送していませんでした。


有名な人をコメンテーターで出演させることは、多くの人の目を惹くことにはなります。ですが、事実を捻じ曲げたり中途半端な内容の放送をすることは、本来の主旨からかけ離れていると思います。

はっきり言って、アナウンサーとコメンテーターの対話は必要なかった。出来る限りの時間で実際の取材した映像を放送してほしかった。


テレビとは所詮こんなものなのでしょうか?


だとしても、現実に動物虐待や遺棄などはたくさん起こっています。見つかっているのは氷山の一角にしかすぎないと思います。
たとえ事実と大幅に違う内容の番組だったとしても、この番組をきっかけとして動物達への関心を示す人たちが増える事、そして真実をキチンと知ってもらうことができれば・・・と思います。



放送後、NHKの人が謝罪に来られたそうです。
視聴者の意見が今よりもっと増えれば、おっさんの後日談などが追加放送される可能性があるとのこと・・・。

謝罪するなら、最初から事実を放送してほしい。事実を捻じ曲げた放送をする事に、何の意味があるのか?



私自身は今いる娘たちを大切にしていくことしかできません。それでも、世界中の動物達みんなが幸せになれたら・・・という思いは常にあります。私が助けてあげられる子が現れたなら、必ず手を差し伸べます。すべての子を助けるのは、私には無理だから。無理をして助けても、みんなが幸せになれるとは限らないから・・・。



真実だけが、本物の愛情だけが、人間の心を動かすし、動物達が本当に幸せになれることだと思います。




rizumiyu-p13.jpg
LOVE&PEACEですニャ!!

かあちゃん、年明け早々に体調を崩してしまいました(--;)
きっと寒さがハンパないのが一番の原因だと思うのですが、正月早々に肉を食わされたせいもあって胃がやられてしまいました(T▲T)(現在は野菜中心ご飯です。。。いつ良くなるのかしら??)
まぁ後は今までの疲れが弱りはてた所にキター!!という感じでしょうかね??(ノ_;`)

それでもニャンズのご飯代を稼ぐため、休まないように頑張っております(--)ノ




ということで(言い訳終了・笑)、本日は軽めの更新ですよ~(・∀・)ノ~~



**********



おねいさんが読んでる雑誌の表紙に・・・・




marimo-p11.jpg


まりも












マンションの壁広告には・・・・





rizu-p730.jpg


リズ








100ドル紙幣には・・・・・・・




miyu-p606.jpg


みゆ






美術館でも写真が展示されちゃいました(*´∀`*)


marimorizumiyu-p2.jpg













・・・・・なんちゃって(古)









結構有名なサイトですが、好きな写真をはめ込みできる「PhotoFunia」で作りました(^ー^)




marimo-p10.jpg




やっぱりうちの娘さんたちは美人やわ~~~~(ノ∀`*)

(↑完全なるバカ親・自爆)






ランキングに参加しています。ポチっとしてくれるとありがたいです。
今さらながら、インターネットって便利やね~(笑)

にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ






犬好き・猫好きに関わらず、できる限り多くの人に見ていただきたいものがあります!!!



【転載歓迎】

この夏から、マイミクchocoさんがずっと追ってた里親詐欺犯

切っ掛けは、chocoさんが保護した仔猫の小姫ちゃん


kohime-p1.jpg


足をケガした状態で捨てられた小姫ちゃんは、せっかくchocoさんに
保護されたのに力尽きて、虹の橋に旅立ってしまいました。
(亡骸は証拠のために未だ荼毘に伏せられることなく、冷凍保存されています。)


この里親詐欺犯は、ネットで里親募集されているところから
次々と仔猫を譲り受け
リードで繋いで、お散歩と称し外を連れ回し
公園の滑り台を滑らせ、無理矢理リードを引き寄せたり
とても、楽しくお散歩とは言い難い行為をしています。

(注:YouTubeに動画がありましたが、現在は削除されているために載せることができませんでした。)


里親詐欺犯のブログを全てチェックし
chocoさんが警察に行っても相手にされず
愛護団体は動かない。

仕方なしに、chocoさんは詐欺犯のブログを毎日チェックし
猫の出入りを記録し、捨てたと思われる場所へ毎晩で掛け
時間を掛けて、詐欺犯が捨てた猫たちを保護していました。

そんな時、たまたま私のところへNHKクローズアップ現代の
ディレクターから里親詐欺の情報提供のメールがありました。
渡りに船!!すぐにchocoさんに連絡し、NHKの取材を受けて欲しいと・・・
NHKのディレクターも乗り気になってくれ、大阪に入り取材
詐欺犯の尾行、そして11/8にはchocoさんと一緒に詐欺犯宅へ乗り込み
ヤツの所にいた猫たちを、全部引き上げることに成功しました。

この様子を撮影した番組が放送されます。

1月9日(土)
午後10時15分~10時58分
NHK総合「追跡!A to Z」
なぜ繰り返される ペットの悲劇

番組ホームページで予告動画が観られます。
http://www.nhk.or.jp/tsuiseki/index.html

番組をご覧なりましたら、ぜひ感想を送って下さい。
https://www.nhk.or.jp/tsuiseki/mailform/form_test.html


今回の阿倍野の詐欺事件には、全く警察は動きません。
弁護士の先生のほうでも中々手が出せないような状態です。

ぜひ、みなさんに放送を観ていただき、詐欺犯を目に焼き付けてください。
警察が動かない以上、私たちが詐欺犯を監視するより他に
これ以上の被害を食い止める術はありません。

chocoさんとNHKが乗り込んだ、直後またヤツは新しい猫を家に入れています。
里親募集をしている方は、どうかくれぐれも注意してください。
虐待目的でもなく、ただ仔猫を集めまくる。
こんな里親詐欺もいるんです・・・



rizu-p721.jpg

「今年は茶トラ年ですよ!!」



という年賀状を作ろうか、と思っていたのですが、年賀状を作れなかったのでブログのネタにしました(笑)。




今日から仕事初めという方がほとんどではないでしょうか??(かあちゃんは1日はめずらしく休みでしたが2日からお仕事でしたよ。)正月休みでダラダラ感が残ったままで仕事に行かれた方もいらっしゃるとは思いますが、まだまだ寒い日が続きますので帰宅したらお猫さまでほっこりモフモフしてくださいね(^∀^)



********

1日は休みだったとはいえ、人間の家族のほうが寄り集まっていたのでそちらに参加せざるを得なくて(かあちゃんにはこれは苦痛です・涙)ニャンズとまったりゴロゴロする時間は少ししか取れませんでした(ノ_;`)

それでも寒い年明け。
リズちゃんの甘えっ子度がグッと上がります(^ー^)





かあちゃんのお手手に頭をグイグイ押し付けてきて「もっと撫でれ」と嬉しい要求をされます(^ー^)



rizu-p726.jpg

「だってこれだと両方が嬉しいニャりよ??




いつでも好きなだけ甘えてもらってOKですよ~(☆ω☆)





miyu-p603.jpg

「みゆにも甘えさせるでし!!



うんうん(^ー^)みゆたんも甘え・・・・・




miyu-p605.jpg

「あんが~~~~~




Σ( ̄口 ̄;)



今年もいじめっこみゆたんは健在です(T_T)





rizu-p723.jpg
「今年も相変わらずだけど、よろしくニャり~~







ランキングに参加しています。ポチっとしてくれるとありがたいです。
今年もボチボチのんびり更新ですが、よろしくお願いいたします

にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ


まりもりず

Author:まりもりず
うちの可愛い子供達『まりも』『リズ』『みゆ』の、のんびり紹介から日常の出来事まで、ぼちぼちつづっていきます。
にゃんこは一緒に暮らしてみないと良さがわからない。毎日「ねこまっしぐら!」です(笑)。

目にとまったなら、こちらでもポチッとよろしく。
にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
現在の閲覧者数:
個人的に何かある方は、こちらまでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

QR
リンクフリーですが、事後報告していただけるとありがたいです。 ブログの内容と関係のないコメントは削除させていただきます&アクセス拒否します。ご了承くださいませ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。